見逃せない!バイク用品情報

当サイトの工事用品情報は見逃し厳禁!

スパナ、レンチ、英語本来の意味は、両方とも同じなのですが、
日本では特に先端の開いたレンチのことを、スパナと呼んでいるようです。
両方の口が開いたもの、そして片方だけが開いたもの、この二つがあり、口の開きが一定になっているため、
閉めたり緩めたり、その目的のものに合ったサイズを選ぶことがとても重要です。
そのため通常、そう頻繁に使用されないというわけなのです。

 

目的の物のサイズによって使用する内容も変わるスパナ、どのような種類のものが揃っているのでしょうか。
車は、ボルトやナットなどの沢山の部品が使われ、つくられています。
その中でも特にエンジンを調整する時に使われるのが、タペットスパナという工具です。
このタペットスパナは、全長が割と長く、薄型であるという特徴をもったスパナです。

 

また小さなボルトやナットが使われている電装部品などの場合は、イグニッションスパナという工具を利用します。
狭い空間でも利用できるように工夫が施されたスパナです。

 

それから打撃スパナ。
スパナを使用するときに、よくボルトがさび付いていて堅くてどうしてもまわせないことがありますよね。
そういう時に、スパナを金槌などで叩きますよね。そうすると、たしかにスムーズに作業が進むのですが、ボルトやスパナに大きな負担がかかってしまいます。なるべくなら避けたほうがよいしょう。
しかしボルトが大き過ぎて、どうしても人の力だけでは出来ない時は、この打撃スパナで対応します。これを使えば叩いても大丈夫ということです。

 

このように他にもまだまだ沢山種類があるスパナですが、状況に合わせて適切なスパナ選びができるということも大切ですよね。


 

トルクスレンチを知る前にトルクスについて知識を身に付けましょう。

 

このトルクスというのはアメリカの「Camcar社」が開発したねじの規格のことを言います。
タイプとしましては「T型」「E型」とに大別されているのが特徴でボルト頭と工具の接触面が曲線で構成されているのも大きな特徴となっています。
従来のボルト・ナットと比較するとトルクの伝達効率が高くなっており、また磨耗や割れの原因となる応力の集中が少ないため、耐久性が高くなっています。

 

トルクス規格というのは、その優れた特徴や作業性の便利さから自動車産業をはじめとする各種産業機械に広く採用されており現在におきましてはプロ御用達となっています。

 
 
 
ソファベッドドットコム
http://innersofa.com/list/10022.html




見逃せない!バイク用品情報ブログ:20170324
前、実家の家族全員でスキーに出かけた。

祖母からはじまって、父とママ、
弟夫婦とお子さん、妹夫婦とお子さん、
そしてあたくしたち夫婦と娘。
総勢、14人の大旅行。

場所は、父の実家がある福井県の山の中。
小さい頃は、夏休みなどによく父の実家に家族で遊びに行った。

近年は全く行っていなかったから、
前にいつ訪れたか記憶にない。
恐らく、10年以上は経っているだろう。

雪に覆われた山道を、父の運転で進む。
昔もずっと父が運転してくれた道だ。
昔と違うのは、10人乗りの大きな車に家族が大騒ぎで乗っていること。

それは、人数が増えただけにとどまらない、
本当に大きな変化を感じるひとときだった。

思い返せば、その始まりは一昨年の夏にあった。
ママが、一族みんなで旅行に行くと言い出したのだ。

最も忙しいあたくしの予定を聞くのもそこそこに、
ママは弟と着々と計画を進めて、
その夏は、はじめて14人での大旅行が決行された。

その時は、まだ何かしらぎこちなかったところもあった気がする。
でも、それはとても楽しい旅行だった。
今思えば、家族の土壌が固まってきた証だったと
あたくしは思う。

昨年の夏は、予定通り、大家族旅行が、
まるで何年も行なってきた恒例行事のように行なわれた。

そして、クリスマスには、何の計画もなかったのに、
急にクリスマス会をやろうと声がかかり、また集まった。

スキーの話は、その時にでた話だったが、
ママから予約をしたから予定を空けておくようにとの連絡が入ったのは、
年が明ける前だった。


ホーム RSS購読 サイトマップ
見逃せない!バイク用品情報 モバイルはこちら